旧ブログと 更新通知アドレスも変更になっていますので、このブログの更新通知を受け取る為には再度登録お願いします。旧ブログの通知解除方法はこちら

「ルーイーン1991 26年」大変貴重な90年代初頭ビンテージのシークレット・アイラモルト

キングスバリー社は、スコットランド・アバディーンにて設立、1989年よりシングルモルトのボトリングを開始し、その後ロンドンに事務所を構え、専門的な蒸留酒を取り扱っている、インディペンデント・ボトラーです。

通称ゴールドと呼ばれる「カスクストレングス」シリーズは、特に際立った個性を持った樽のみが厳選され樽出しにてボトリングされる渾身の作品達で、同社の最高品質を誇ります。近年は、同社のこのフラッグシップシリーズより、ユニークなネーミングの「ティースプーンモルト」や、「メインバライル」という「シングルカスクのブレンデッドウイスキーやブレンデッドモルト」が数々リリースされ、幅広いアイテムで愛好家を楽しませてくれています。

そして更なる意欲作として「シークレット・シングルモルト」のNEWブランド「ルーイーン」が誕生し、ファーストリリースのシークレット・スペイサイドモルト「ルーイーン 1992」は大変ご好評いただきました

ルーイーンとは、シークレットだが素晴らしいという意味のゲール語で、蒸留所名が明かせない素晴らしいシングルモルトをこの名称でリリースしています。蒸留所不明の裏を返すと入手しづらい、裏ルートからしか入手出来ないようなビッグネームや貴重なウイスキーであることが読み取れ、いやが上にも、期待が高まります。
今回の待望の新作は、なんとアイラモルト、しかも大変貴重な90年代初頭ビンテージの「シークレット・アイラモルト」。若いビンテージにはない柔らかさと熟れた南国のフルーツ感、ファーストリリースのシークレット・スペイサイドモルト「ルーイーン 1992」とどこか共通するテイストはさすがの逸品です。
90年代初頭の!シークレットとして出てくるアイラモルト!思い浮かぶのはいくつかしかないですが、期待しかないでしょう!

ルーイーン 1991 26年 / キングスバリー ゴールド
容量:700ML 度数:50.9度

<キングスバリー社テイスティングコメント> 美しい琥珀色に海岸のかすかな香り。口にすると柔らかで官能的。 パルマバイオレット(スミレ風味のタブレット菓子)や綿菓子の素晴らしい甘さが、ソルティーキャラメルやスモークの風味と織り交ざる。フィニッシュは優雅で長く続く。

このページの先頭へ戻る
表示時間 :