極レアのローランドモルト「ダフトミル2008 サマーバッチリリース」 フルーツとウッドスパイスのハーモニー

トップページ > 新着アイテム一覧 > まもなく入荷~予約商品 > 極レアのローランドモルト「ダフトミル2008 サマーバッチリリース」 フルーツとウッドスパイスのハーモニー


投稿日時2020/02/03の新着情報になります。(古いページは在庫お問い合わせください)

ダフトミル2008 サマーバッチリリースは2008年夏に蒸溜のバーボンバレル7樽を使用したローランドシングルモルトです。
香りはアップルパイ、バニラ、アプリコットジャムといった甘いアロマにショートブレッド、レモンピール、かすかに芝生。

味わいはデリケートで、カルダモンやバニラカスタードが広がります。フィニッシュは非常に長く、オーク、アーモンドの余韻が続きます。フルーティさとウッディなスパイス感のバランスが取れた1本です。


<2020年月6日頃から出荷予定>
ダフトミル2008 46%サマーバッチリリース 700ml 16,710円(税別)
<テイスティングコメント>
香り:アップルパイ、バニラ、アプリコットジャム、ショートブレッド、レモンピール、芝生

味:カルダモン、バニラカスタード、オーク、ショートブレッド、アーモン

■ダフトミル蒸溜所はフランシス&イアン・カスバート兄弟によって、ローランド地方ファイフに2005年に創業。彼らはローズバンクのようなライトなローランドスタイルのシングルモルトをつくることを目指しています。
蒸溜所でのウイスキーづくりは年に2回のみ。カスバート家が1984年から所有している農場が農閑期を迎える夏の2か月と冬の2か月で、18世紀ごろのスコットランドに多く存在した伝統的なファームディスティラリーのスタイルを踏襲しています。
自社農場の大麦100%からつくられるウイスキーは年間約20,000リットルと極少量のため、日本への入荷も極々少量です。最初のリリースは2018年、実に創業から13年の年月を経てやっとそのベールを脱ぎました。定番商品は存在せず、年2回「サマーリリース」、「ウィンターリリース」としてシングルモルトをリリースしています。